十勝薬剤師研修会報告

10月14日 19:00〜20:40 十勝薬剤師研修会を開催しました。


1. 「緩和医療における薬剤師の意識 〜緩和ケアに関するアンケート調査を中心に〜」
  小樽協会病院 薬剤科長 
  北海道薬剤師会病診委員会 常務理事 渡邊 秀一 先生

2. 「麻薬の伝え方、考え方 〜緩和ケアの服薬指導への苦手意識を克服〜」
  帯広協会病院 篠田 雅和 先生


今回は北海道薬剤師会病診委員会からの提案を受けて緩和ケアをテーマに企画され、薬局から30名、病院から24名が出席しました。
第一部では北海道薬剤師会が保険薬局を対象にとった緩和ケアアンケートの結果が報告され、処方箋応需頻度が少ない薬局の割合が多いこと、知識や情報が限られた中で麻薬の服薬指導に困難を多く感じてられていることが紹介されました。

第二部ではアンケート調査で示されたことを受けて、麻薬の服薬指導の中で薬剤師が苦手としやすい部分について講演されました。

第二部講演のスライドはこちら

戻る