平成 29年 7月 11日  研修会報告

7/11(火)19:00〜 とかちプラザ304号室にて開催致しました。

研修内容

  「いまさら聞けないHIV感染症」

  鳥居薬品株式会社 プロダクトマネジメント部 HIV感染症領域チーム 加藤 隆太 先生

JPALSコード

  「01-2017-0054-101」

参加人数: 30名




アンケート結果

アンケート回収: 27名
病院薬剤師 17名、保険薬局 10名




アンケート結果(参加のきっかけ)





アンケート結果(研修内容)



自由記載

・とても役立つ内容でした。
・疫学なども交えて、わかりやすかった。
・内容が豊富でした。
・グラフ・図が見やすかった。
・関わってこなかった分野なので
・治療薬について詳しく聞きたかった。




アンケート結果(研修を通して気づいた課題や知識)

・感染曝露後の感染率、予防薬について。
・関わらなくなると知識も薄れ定期的に学ぶ必要性を感じた。
・感染率が低いことを知らなかった。
・正しい知識を持ち、偏見がなくなればいいと思う。
・治療開始になるCD4数
・作用点が複数あると知らなかった。
・治療の薬剤の種類について知る事ができた。
・北海道の現状
・HBV、HCVとの比較を知る事ができた。
・HIV≠AIDS
・早期診断、早期治療へ向かうための社会の体制の難しさ。
・治療薬の発展
・ガイドライン改定の歴史

(講演内容に、問合せ等は、学術委員までお問い合わせください。)




戻る