第8回 やくやくカフェ 報告

2019年1月18日(金) 18:45 受付開始 19:00 開始
場所: 帯広競馬場 とかちむら内ラウンジスペース
出席者数 29名(病院薬剤師 12名、保険薬局薬剤師 16名、他 1名)
     懇親会参加 21名

第8回やくやくカフェ開催しました。

テーマ 「大規模停電 −その時、あなたは?−」

 

  (会場の様子)


  (付箋まとめたもの)



29名の薬剤師にご参加いただきました。
はじめての参加者もおり、遠くは渡島からはるばる来ていただいた方も!
前半には昨年9月に発生した胆振東部地震での北海道全域ブラックアウトにまつわるご自身の体験や、病院、薬局での対応を振 り返り、後半にはこの教訓を薬剤師としてどのように次に活かしていくかをディスカッションしました。


<内容を抜粋>

「同じような災害が真冬に起こったらもっと被害は大きかった」

「薬剤師会でも発電機を備えるべきでは」

「職員同士の連絡手段としてLINEが有効だった」

「まずは自分自身の安全を確保することが最優先」

「停電時は冷所薬品などは卸さんの保冷車が活用できる」

「災害時こそお薬手帳が必要」

「災害時の限られた診療体制、薬剤在庫の状況では薬剤師がまず必要薬をトリアージすることができるのでは?」

等   


今回のMVPは、
「災害時に在宅患者さんの安否確認ができるように」との意見をだされていた、Yさんに送られました。

  

トロフィーのペナントもまた一つ増えました。今後もMVC表彰継続していきます!

戻る